チェーン店のバイト経験

飲食のチェーン店でアルバイトをしたことがあります。

チェーン店のバイト経験

飲食のチェーン店でアルバイトをしたことがあります

PAGETITLE
● 女性 45歳
飲食のチェーン店でアルバイトをしたことがあります。チェーン店というのは、他にもたくさんの同じ店があるので、それによる良い点と悪い点があります。
まず、良い点は、きちんと教育体制が整っていることだと思います。私が初めてアルバイトに行った時、手の洗い方からしっかりと教えて頂きました。
そして、お客様への話し方、目線等も細かく指導していただきました。
この経験は、現在でも非常に役に立っています。
一方、悪い点と思ったことは、チェーン店のため、その場で調理するのではなく、ある程度調理されたものが運ばれてきて、実際にその店で調理するのは温めるだけ、というような内情を見てしまったことです。
これを一度見てしまうと、もう10年以上も経っているのに、子供を連れてそのチェーン店に行こうとは思えないのです。

このように、チェーン店でのバイト経験は、私の中で良い意味でも悪い意味でも貴重な経験となっています。

学生時代、チェーンのカフェでバイトとして働いたことがあります

● 女性 48歳
学生時代、チェーンのカフェでバイトとして働いたことがあります。授業のほんのわずかな空き時間を無駄にしないよう、少しでもバイトしようという軽い気持ちで始めたのですが…あまりにも過酷な内容に驚きました。

就職情報誌で見つけたその仕事は、確かに他の同業種のバイトよりも若干時給が良かったのですが、それでこんなに過酷なのか、と思い知ったのです。

私の喫茶店のイメージは、店員さんは暇な時にはカウンターの内側にゆったりとしていて、お客さんと雑談して、というイメージでいたのですが、実際には、トイレ以外腰をおろす暇もなく、腕に重くて大きなお盆を持って、あちらこちら、こぼさないように掛けずり回らなくてはならないのでした。

お客さんの中には、何も注文せずに、長く椅子に座っている人もいます。オーダーをもらった品物が値上がりしたのをお知らせすると、怒りだす人もいました。
そんなこんなで、えらい大変な目にあったのですが、稼ぐということはこんなに大変なのだ、と実に良い経験をしました。

お薦めサイト

  • 長期でも短期でも、留学するならこちらから